2018年5月31日木曜日

葉っピイ向島園メールマガジン【森の中の茶畑から】5月号

このメールマガジンはWEBでご注文頂いた方、メールマガジンに登録して頂いた方お送りしています。

月に一度、お知らせや、その時期のおすすめ商品などの情報をお届けします。WEBでご購入されていない方でもこちらから登録できますので、是非、登録してみてください!







 
いつも葉っピイ向島園のお茶をご愛飲いただきありがとうございます。
本メールは向島園でお買い上げ頂いた方にお送りしています。


こんにちは。本メールマガジンを担当しています、スタッフの瀬戸尾です。

例年に無く早期に始まった今年の一番茶ですが、無事刈り終えることができました。
明け方の冷え込みによる霜の冷害も心配されましたが大きな被害も無く、
よい品質の茶葉が収穫できました。

まずはお茶と自然に感謝したいと思います。

早いスタートを切った後も日中は4月とは思えないの気温の高い日が続き、
芽の成長も早く短期集中の刈り取りとなりました。
気温の高い中での刈り取りは、畑での茶葉の管理にも影響します。

刈り取った葉を直ぐに加工できればもちろん良いのですが、畑の場所等の条件により、
そのようには出来ず、ある程度の量が溜まったらまとめて工場に持ち帰ります。
その間も機械で風を送るなど、茶葉の温度が上がらないようにするのですが、気温が
高いとどうしても葉が熱くなるのが早くなってしまいます。
なぜ温度を気にするのかというと、刈り取った茶葉は茶葉自体の酵素の働きにより
醗酵(萎凋)してしまします。
温度が高いほど醗酵が早く進むため、気温や保管状態には細心の注意を払います。
そんなある日、刈り取り中に急に雲が出て太陽を遮り、畑一帯が影にすっぽり
収まる事がありました。
あれだけ暑かったのに一気に気温が下がり涼しくなるほどの変化を感じて、
その時は感謝を通り越して感動という感情を自然にいだきました。

気温が下がる夕方を待って刈り取りを始めたり、茶葉を溜めた車を日陰に動かしたりと
工夫をしていましたが、ありきたりな言葉ですが、自然は偉大だった、ということを
実感しました。

改めてお茶と自然に感謝した一番茶の収穫でした。

そんな大切に摘み取ったお茶、大切な方におすそ分けしてみてはいかがですか。
今回は新茶のギフトをご紹介。
旬の味をギフトボックスに詰めてお届けします。

それでは、“森の中の茶畑から” 5月号をお送りします。




お仕立てについて
 季節、ご進物に合わせた包装でお届けします
 掛紙ののしは、「紅白」「白黒」「黄白」をご用意しております。
ご進物にあわせてお申し付けください。
向島園トピックス
向島園 季節のご案内 
Happy Letter “2018 春”

送料無料でお届けします。

Happy Letterは
PC・スマホでも
ご覧になれます。

無料冊子をご希望の方はこちら

PC・スマホでご覧になる方はこちら(PDF形式)
佐川急便の料金値上げに伴い
平成30年4月1日以降のご注文につきまして
送料を改定させていただきます。

詳しくはこちらから
葉っピイ向島園オンラインショップは
下記のクレジットカード決済に対応しています。
・Visa
・Diner's Club
・MasterCard
・JCB
・American Express

※手数料は当園が負担します。

詳しくはこちらから

葉っピイ向島園ホームページはこちら
   <お電話でのお問い合わせ>
 TEL:054-639-0514  受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)
 FAX:054-639-0574 24時間対応(年中無休)
 <メールでのお問い合わせ>
ご意見・ご感想もお待ちしております。

メールマガジン配信を停止する場合は、こちらへアクセスしてください。
発行元 / 送信責任者:葉っピイ向島園株式会社 〒426-0131静岡県藤枝市瀬戸ノ谷13079