2016年6月29日水曜日

メールマガジン6月号



このメールマガジンはWEBでご注文頂いた方、メールマガジンに登録して頂いた方お送りしています。

月に一度、お知らせや、その時期のおすすめ商品などの情報をお届けします。WEBでご購入されていない方でもこちらから登録できますので、是非、登録してみてください!


 
いつも葉っピイ向島園のお茶をご愛飲いただきありがとうございます。
本メールは向島園でお買い上げ頂いた方にお送りしています。

こんにちは。本メールマガジンを担当しています、スタッフの瀬戸尾です。

最近は雨が多く、梅雨らしい日々が続いています。
台風の様に短時間で激しく降ったり、合間に晴れたかと思うと30℃以上の真夏日となったりと、
夏本番を前に自然の厳しさを実感しています。

6月も後半。夏至を過ぎ、夕方でもまだまだ明るく、遅くまで農作業が出来る季節になりました。 畑では一番茶の収穫が終わり、夏に刈り取る青番の摘採と草取りを進めています。
一番茶前の春の草とは違い、夏の草はしぶとく、また成長も早いので、少し目を離すとあっという間に 茶の木が草で覆わてしまします。
人手は限られていますので、たかが草取りといえど計画的で迅速な作業が求められます。

今回は向島園の中でも特徴的なお茶“SAKURA”と“縄文のお茶”をご紹介します。
どちらも特徴的な茶樹からとれた茶葉を、茶葉本来の風味を活かす浅蒸しで仕上げています。
収量が少ないため、限定商品となっております。
普段ご愛飲されている方はもちろん、まだ召し上がったことのない方も、是非この機会にお試しください。

それでは、“森の中の茶畑から” 6月号をお送りします。
 

向島園の特別なお茶。
数量限定でご用意しました。
この機会に是非お試しください。



SAKURA

“さくら餅のような香りのする”特別な品種「静7132」を、
裏山から湧き出る清水でやさしく蒸して仕上げました。
摘み取った茶葉を約6時間を寝かせ、茶葉の持つ酵素のはたらきで、
少しだけ萎凋(発酵)させます。
すると、さくら餅のようなやさしい香りのお茶ができあがります。
静7132の茶の葉の味をそのまま味わえる、浅蒸しで仕上げた香り高いお茶。
お心ゆくまでお楽しみください。

SAKURAのご注文はこちら
 
縄文のお茶

現代のお茶は、味・香り・色など万人受けをする
掛け合わせの優等品種がほとんどを占めています。
しかし、挿し木で育てるお茶(優等品種)は、どうしても
クローンになってしまい生命体として弱くなってしまいます。
一方、種で育てる在来品種(古代品種)は生命体として
非常に強く、とても注目が集まっています。
古代からある在来品種の力と、縄文式石器や弥生式土器が出土した
当園の縄文エネルギーのコラボレーションにより生まれたのが、縄文のお茶です。
貴重な在来品種を、昔ながらの浅蒸しで仕上げました。
お茶の味・香り・色、そして、そのもっと奥にある生命力…
お茶の力をお楽しみください。

縄文のお茶のご注文はこちら




向島園トピックス


向島園 季節のご案内
Happy Letter
 
“春”号

送料無料でお届けします。

またPC・スマホでも
ご覧になれます。

冊子をご希望の方はこちら

PC・スマホでご覧になる方はこちら(PDF形式)
葉っピイ向島園オンラインショップが
下記のクレジットカード決済に対応しました。
・Visa
・Diner's Club
・MasterCard
・JCB
・American Express

詳しくはこちらから

葉っピイ向島園ホームページはこちら
   <お電話でのお問い合わせ>
 TEL:054-639-0514  受付時間:8:00~18:00(土日祝日除く)
 FAX:054-639-0574 24時間対応(年中無休)
 <メールでのお問い合わせ>
ご意見・ご感想もお待ちしております。

メールマガジン配信を停止する場合は、こちらへアクセスしてください。
発行元 / 送信責任者:葉っピイ向島園株式会社 〒426-0131静岡県藤枝市瀬戸ノ谷5077