2013年11月21日木曜日

ならし

ならし中


ここ最近で一気に気温が下がり、空気も澄み切っています。

畑では来年の収穫に向けて、“ならし”中です。

乗用型摘採機でもアタッチメントを取り付ける行えるのでならし作業が行えるので、正確でキレイに仕上がります。

乗用型摘採機ならし仕様


しかし、ある欠点が…

それは、地面の状態が畝の表面に表れてしまうということ。
乗用型摘採機を使うと地面と刃の高さが一定になります。
そのため、常に正確な高さで刈ることが出来るのですが、地面が荒れていると同じように畝の表面が荒れてしまうのです。

地面を荒らす困ったちゃん、イノシシの侵入を防ぐため、電柵の設置も入念に行っています。

電柵の電圧は4000V!